日本人同士より大変

国際化が進む昨今の社会情勢の中で、日本国内でも、国際結婚をするカップルは年々増えつつあります。しかし、その一方で、国際結婚したカップルの離婚するケースも、やはり増えています。日本人同士の離婚と比較すると、国際結婚カップルの離婚には、いろいろと大変なことがあります。国際離婚をする場合には、前もって関連する情報を収集し、適切な方法で対処することが大切です。

同じ日本人同士でも、離婚をするのは大変なことです。それに加えて、相手が外国人であれば、言葉の壁や根本的な物の考え方の相違などもあり、互いに離婚の意思確認を行なうだけでも大変な作業となります。例えば、本気で離婚の意思を表示しても、真面目に取り合ってもらえない、相手が離婚の意思表示も何もせず、いきなり母国へ帰ってしまったなどの事例も存在します。また、離婚の条件でトラブルが発生し、調停や裁判で解決しようという場面でも、言葉の壁によって相手が裁判所に来なかったり、話し合いが進まなかったりすることも多く見受けられるので、注意する必要があります。

日本人同士の離婚であれば、離婚届を1通提出するだけで手続きが済む場合もあります。それに比べて、国際結婚カップルが離婚する場合、必要となる書類の数もやはり多くなります。